千葉県両総馬匹農業協同組合/関東軽種馬生産育成協会
千葉県富里市十倉1番地 TEL 0476-93-1008 FAX 0476-92-2985
image
menu 上場馬名 業務案内 競走馬のふるさと 千葉案内所 ダウンロード




恵比寿興業㈱那須野牧場
㈱貴悦牧場
㈱東京サラブレッドビューロー
㈱鍋掛牧場
井田 三朗
㈲井田牧場
井田 美代子
田村 正信
㈱丸沼
石上 政一
鎌田 四郎
川名 高廣
佐藤牧場
佐藤 幹夫
篠木 弘
㈲篠木牧場
高橋 勝二
㈲チコウ
テンコー・トレーニングセンター
にぐらや牧場
農事組合法人天栄牧場
半沢㈲


栃木・群馬・福島エリア

天皇賞や凱旋門賞遠征のメジロムサシのふるさと

 鍋掛牧場 栃木県那須塩原市野間7 鍋掛牧場

 '39年の創業です。広さ42㏊の牧場は80数頭の馬を受け入れることができます。事業は競走馬の育成と調教、休養で主に北海道の系列牧場で生産された新馬を同牧場へ移して競走馬としての調教や休養を行った後、中央競馬や地方競馬へ送り出しています。
 緑豊かな林間ダートコースや足を鍛える坂路コース、各種調教マシンなどがあり、調教スタッフがこれらを通して新しい競走馬づくりを進めています。馬術競技馬も持ち込まれてアフターケアなど通じて休養しています。これまで同牧場で生産の名馬では'71年春の天皇賞に輝き凱旋門賞にも遠征した「メジロムサシ」、また'82年の菊花賞馬「ホリスキ」などが挙げられます。
 閑静な佇まいの緑の中にゆったりと間口を構える藁葺き屋根の厩舎は、歴史というか「よき馬が育っていった」という趣が感じられます。



優れたスタッドと経営学が生かされる育成・調教

 東京サラブレッドビューロー 栃木県芳賀郡芳賀町給部字西の入313 東京サラブレッドビューロー

 推進事業は競走馬の育成・調教(初期教育)及び休養と療養で「芳賀牧場」の名で知られています。社長の中村浩章氏は'92年同入社、北海道の育成牧場で研修後、本場アイルランドに渡り、名門生産牧場の調教師弟子となって競走馬の育成や調教技術を学びました。
 その中で種馬繁殖技術や経営学タイトルを取得、米国ケンタッキー州レキシントンに渡って邦人では稀な牧場経営者となる一方ビューロー専務牧場長から社長へ就任しました。
 競走馬の血統についての知識は一流といわれており、発掘した競走馬はJRA年間勝利数31勝、重賞8勝など200勝を超えていて、その手腕が分かります。
 牧場に生産部門はなく育成・調教が主。基本コンセプトは、1000mダートの本場馬場や800m坂路、プールやマシンなどの施設を使いながら行う一流ホースマンによる訓致、基礎体力強化、調教師の指示に従ったトレーニング。
 休養、療養面では緑あふれる環境と温泉設備などを生かして日光や森林、温泉浴で精神的、肉体的リフレッシュ。また、入念なメディカルチェックや温泉療養で疲労回復などに努めており、充実したアフターケアに期待と関心が高まっています。



パワースポットになっている 花のある牧場

 (有)井田牧場 群馬県太田市山之神町235-55 (有)井田牧場

 山並みの美しい茶臼山の山ろくに'82年6月設立されました。施設面積3.3㏊で間もなく開設30年の節目を迎えます。牧場周辺は最近、関越自動車道と東北自動車道を結ぶ北関東自動車道が開通し、同道藪塚ICから程近い立地になりました。
 施設は主に持ち込まれる競走馬のトレーニング・調教(休養)などに利用されています。事務所施設内にはグリーン色の温泉があり一般入浴客が訪れます。また近くには「ショウブ池」と呼ばれる池があります。この池は願い事が叶うといわれ大きな勝負には「勝ち馬券」を祈る人も多くパワースポットにもなっています。

戻ります